2007年08月05日

青森下北の森からも(ニッコウキスゲ編)

106.JPG
ぷーです。
メイさんの霧ヶ峰のニッコウキスゲ、見ているだけで高原の風を感じるようです。
関東甲信越では標高1000m以上に咲くニッコウキスゲなどの高山植物も、ここ下北半島では海岸に咲きます。
地域によって花の咲く標高がこんなに違うって、日本列島って南北に長いんですねーー。
ちなみに、東京のテレビ局が「本日は気温36度の猛暑でーす」と放送してる時、こちら下北郡東通村は19度でした。

077.JPG
シカなどの野生動物にとって、序所に生活しずらい環境に変化していることは、自然豊かな下北でも感じますね。↑の標識のように街にもカモシカが現れます。



posted by 依田司 at 11:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

青森下北の森から(牧歌編)

ぷーです。
前回は下北の海をご紹介しましたね。
今回は、下北の里山の様子です。千葉の里山とは、ちょっとちがいますよ。
ぷーの住んでいる近所です、のんびり牧歌的で北海道みたいですね。
僕の大好きな不朽の名作、山田洋次監督「遥かなる山の呼び声」を彷彿とさせます。
ただ寮母さんからは、「このまえ熊が窓の外の畑にいたから、散歩・ジョギングの時は、熊除けの鈴を腰に付けて気をつけなさいネ」と言われてますが(汗。
fujita072301.JPG fujita072302.JPG fujita072303.JPG P1000680.JPG
でもその歴史は、短い夏に厳しい冬で、苦しい開拓の歴史だそうです。
↓初夏のラベンダーを楽しみながらも、もう冬の薪の準備です
ドライブした何気ない峠でも苦しい開拓を偲ばせる名が↓。
fujita072304.JPG fujita072305.JPG

PS:前回のリベンジに再度ビーチコーミングへ!。
・・・めかぶをおいしくいただきました(やっぱり海の幸でした)。
fujita072306.JPG  fujita072307.JPG
posted by 依田司 at 23:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

青森下北の森から(ビーチコーミング編)

ぷーです。
7月から千葉県を離れ青森県下北半島に移住しました。
千葉の谷津田に代表する里山の豊な自然と一味違い、ここ青森下北は北国特有の大自然に満ちています。
BAG青森支部?として、これからそんな北国の自然・文化を時おりお伝えできればと思っています。

↓架線もない原野の単線、旅情あるでしょう。
この先の終着駅の町が、僕の住む町です。
fujita0719.JPG
fujita720.JPG
幕張の浜でのビーチコーミングの大成功おめでとうございます。
それでは下北でもビーチコーミングをと、海へ出かけました。
車を止めた小さな港で目にしたものは・・・すぐ手の届きそうな海中にウニがゴロゴロと・・・美味そう!

P1000687.JPG fujita721.JPG

さっそくUターンして、ビ−ルのお供にいただきました。
下北の海の幸は最高です。
今回はウニの魅惑に、ビーチまでたどり着けなかったぷーなのでした。

fujita722.JPG





posted by 依田司 at 12:06| Comment(7) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

自然感察会

ぷーです。
久しぶりに、大人を対象にしたノーマル?な自然(感)察会をやりました。
始まりは少し緊張しましたね。
話下手で、インタープリターとしてはまだまだです。たらーっ(汗)
でも改めて確認できたことは、伝えたい想いがあれば伝わるってことでしょうか。黒ハート

fujita061201.JPGfujita061203.JPGfujita061202.JPG
posted by 依田司 at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

久しぶりにクラフト

ぷーです。
週末、なんとなく久しぶりにクラフトを作ってみました。
オオバヤシャブシという木の実でつくったリスです。
木の実というとシーズンは秋ですが、散歩してると意外とこの季節でもネタはありますね喫茶店
fujita0513.JPG

posted by 依田司 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ビーチコーミング&石笛

ぷーです。
久しぶりのブログです。
5月27日の2007年度第1回の自然体験クラブは、お楽しみにね!どんなサプライズと新しい友達が待ってるかな?!

第1回が終わらぬうちに、第2回予定「ビーチコーミング」も気が早いけど、森林インストラクターにとって「海」ってなんか新鮮なんですよね。
という訳で、ぷーも地元の九十九里浜へビーチコーミングに出掛けてみました。
珍しい物「石笛」を見つけましたよ。
fujita0506.JPG
誰の仕業だと思いますか?。
「ボーリングシェル」っていう貝が、石の中に住むために、自分の殻を振動させて開けたものらしいのです。
穴に息を吹きかけると素朴な音色がるんるん
オカリナの原型らしいとかexclamation&question


posted by 依田司 at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

春の味覚3

ぷーです。
fujita0324-02.JPG fujita0324-1.JPG
ヨモギの草餅!、そしてセリの御飯にお味噌汁!春ですねー。
そして、ぷーが見つけた春は「つくし」です。
fujita0324-03.JPG fujita0324-5.JPG
卵とじにしてみました。ハカマ(葉っぱの変形)をとるのが面倒なんですけど、このちょっとした苦味がビールのつまみにサイコーなんですよねー。
fujita0324-04.JPG
で、ネイチャースコープで胞子の観察もしましたよ。
小学生の娘の一言「スゲー!!蒸しパンの間にスポンジケーキが詰まってる!!」??・・・写真でお見せできないのが残念です!。



posted by 依田司 at 00:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

かかってきなさい

ぷーです。
fujita0220.JPG
○○に金棒,○○○○に刃物,そして、ぷーにチェーンソー!!
毒舌○○○だって、火遊び○○だって、人使い荒い○○○代表だって、もう怖くなんかないからなー、かかってきなさいワーハッハッハちっ(怒った顔)
・・・す、すみません、ついふらふらたらーっ(汗)

労働安全衛生法に基づいて、「チェーンソー」と「草刈機」の資格をとりました。
これから、丸太から熊などを彫るチャーンソーカービングを楽しんだり、里山や森の保全活動などに活動の場を広げて役立てていきたいとおもっています。
チェーンソーや草刈機って、ホームセンターなどで気軽に買えるんですけど、そこで購入するほとんどの人が自己流の間違った取り扱いと整備をしていて、そしてそんな人達の人身事故が大変多いそうです。
もし買おうかなーって人がいたら、ちょっと面倒ですけど、ぜひ公的機関で取り扱い方法や整備方法などの基本を教えてもらう事をお勧めします。
ちなみに写真は借り物です、さあ貯金しよっ!。
posted by 依田司 at 22:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

森林セラピー

ぷーです。

東庄県民の森で、「森林セラピー」を体験してきました。
fujita020401.JPG
森などの自然の中に身を置くって、なんとなく気持ちがいいですよね。そう、それが「森林セラピー」なんです。
それって、具体的に心と体のどこがどんなふうにいいのか、色々簡単な検査で知ってみようって体験会です。
森林セラピー用の体験プログラムにそって森の中をハイキングしました。
ハイキングの前後に、血圧・脈拍・唾液検査(緊張度)・心理検査などをして比べましたが、全部の検査値がハイキングの後では良い結果になっていて、改めて納得!でした。
「森林セラピー」の詳しい事は、タウン誌「ぐるっと千葉」2月号156ページを見てね。
皆さんも、「森林セラピー」で心と体を癒してみませんか?!
fujita020403.JPG fujita020402.JPG

東庄県民の森から望む田園です。のどかですね。
森を抜けると、そこには獅子舞がたらーっ(汗)
posted by 依田司 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

春はそこまで

fujita012802.JPG  fujita012801.JPG
ぷーさんです。

1月28日の日曜、館山市をマラソン大会で走りました。
千葉県の南端では、春はもうそこまで来ていました。
↑の写真ではあまり良く映っていませんが、フラワーラインでは菜の花がとてもきれいで、そして沿道からは地元の皆さんから「頑張れー」って暖かい応援をたくさんもらって、無事42.195kmを完走しました。
fujita012804.JPG  fujita012803.JPG
↑一緒に参加した左の人(郷沢さん)は、実はこのBAGオフィシャルブログの熱心なリスナーさんです。でも遠慮がちな方なので、コメントは僕の携帯メールにくるんです。コメントは遠慮しないでブログにくださいね!
僕にとっては、昔は登山の、そして今はウルトラマラソン(100km,200km)の師匠なんです。
今、森林インストラクターを目指して勉強中とのことなので、来年度のBAGの強力なスタッフとして期待できますね!ね?

posted by 依田司 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

エコツアー

P1000408.JPG  P1000409.JPG
ぷーさんです。

エコツアーって知ってますか?
いままでの、スケジュールに追われた急ぎ足のパッケージツアーではなくて、その旅先の自然や地元の人達とふれあう、人や自然にやさしい旅行のことです。
みんなにも、家族旅行とかでぜひ体験してもらいたいです。
もちろんエコツアーから帰ってきたら、自分達の街の自然や人との触れ合いの大切さにも、改めて気づいてもらいたいとおもいます。

ぷーさんは、そんなエコツアーガイドの勉強に行ってきました。
北は北海道霧多布湿原のガイドさんから、南は沖縄県座間味島のガイドさんまで集まって、とてもとても熱い三日間でした。
posted by 依田司 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

ミクロ探検隊

fujita0113.JPG
ぷーさんです。
「ネイチャースコープ」という顕微鏡です。買っちゃいました。
これで、虫や花や葉っぱを見ると、「どひゃー!何じゃこりゃー??」の未知の世界へ行けますよ。アリなんか怪獣に見えたりするかも!。
今度イベントの時に持って行くので、いろんなものを覗いてください。
いろんなもの・・・でも、お母さんの小じわはやめといたほうがいいかもね。
posted by 依田司 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

谷津田

fujita01071.JPG fujita01072.JPG
ぷーさんです。
「谷津田」って千葉県特有の地形で、谷間と田んぼが接したところです。
そこでは、田んぼの生き物と森の生き物が両方いて、とても自然豊かな場所なんです。
でも現在では、その多くが、森は手入れをされず、田んぼは休耕田になり荒れている状態です。

が、ここ若葉区大草町(モノレール千城台駅の近く)の「大草谷津田いきものの里」では、千葉市や、ボランティア団体や、小学生達が、皆で荒れた谷津田を再生しています。
入口には、駐車場も、案内のパンフレットも、コース上では親切な解説板も沢山あります。  1時間程で一周できますよ。ご家族とか友達で、ぜひ訪ねてみてくださいね。
子供達にも、冬の湧き水の暖かさとか、きっともう少し暖かくなったら現れるオタマジャクシとかの生き物にもぜひ触れほしいと、ぷーさんは今日訪れて思いました。
気軽に誘ってくださいね、ぷーさん喜んでご案内しますよ。
fujita01073.JPG
posted by 依田司 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

おすすめの本

fujita01061.JPG  fujita01062.JPG

ぷーです。

年末年始に良い本を読みました。
「わが青春の谷津干潟」という本です。
昭和50年代初め、谷津干潟は埋め立ての運命にあり、ごみ捨て場となっていました。
これに対して干潟を保存させようと、一人で18年間ゴミを拾い続け、行政と市民の心を動かした森田三郎さんの物語です。
皆が「渡り鳥大研究」で訪れた谷津干潟も、その歴史を垣間知り再度訪ねると、また違う谷津干潟に見えるかもしれませんね。

今日の谷津干潟は強い雨で、オナガガモも寒そうでした。 
posted by 依田司 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

帰省

fujita1231.JPG fujita12312.JPG  

ぷーです。
新年あけましておめでとうございます。
お正月は、故郷の大分県に帰省していました。
雲を見下ろすっていつも感動します。ヨーダさんとまっちゃんの「第2回お天気教室」を思い出していました。

実家に到着すると、「裏山をドングリ山にすっかいよー!」って、年老いた両親は、拾ったドングリ(クヌギ,コナラ)から苗木を沢山育て、山に植林していました。
子供の頃から、そんな二人の突拍子な行動力にはいい意味で影響され、最近は感動しっぱなしのぷーです。
もう75歳なんだから無理しないようにね。


fujita01012.JPG fujita01013.JPG

↑は、帰省を歓迎してくれている親族の方々です。
てなわけない。すみません親戚のかたがた。

高崎山のお猿さんたちです。
ここは猿の生態を身近に観察できる国立公園の一部です。
以前は人間が餌付けをしていたために人間と身近になりすぎて、
餌が欲しくて、観光客の持ち物をひったくりしたりトラブルが多かったそうです。
でも今は餌付けをやめたので、猿たちも山で自分達で餌を探し、そういういたずらもなくなったとのこと。
皆さんも、野生動物に気軽にお菓子などあげることは、しないようにしましょうね。
人間が野生動物に気軽に餌をあげる行為は、食う食われるの関係の中で築き上げられた自然生態系を壊す行為なんですよね。

では、本年もよろしく!




posted by 依田司 at 15:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

感じる心、元気ですか?13

fujita12242.JPG fujita12241.JPG
ぷーさんです。
「日本野鳥の会」の定例観察会で、印旛沼に行ってきました。
52種類もの野鳥がいましたよ。
会員でなくても、鳥の事を知らなくても、全く大丈夫です。スコープを覗きながら親切に教えてくれます。小学生も沢山いましたよ。
ほぼ毎週県内のどこかでやっていて、申込み不要の現地集合です。詳しくは「日本野鳥の会」のHPをどうぞ。
この日はポカポカ陽気で、堤防の草の上でのお弁当は最高でした。

右は、木の枝に「イナゴ」が刺さっていました。「モズのはやにえ」です。
モズは、すずめ位の大きさの鳥なのに肉食で、鷹のように狩をします。
習性として、仕留めた獲物を木の枝に刺しておきます。ネズミとかカエルとかトカゲとかetc。
その理由は、「後で食べるため」とか「本能でつかまえたはいいけど、嫌いだったので」とかいろいろと言われています。
本人(本鳥)に聞いてみたいですね。きっと色々な個人的事情があるのでしょう。


posted by 依田司 at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

感じる心、元気ですか?12

fujita122302.JPG fujita122301.JPG 
ぷーさんです。
できました!ドングり(マテバシイ)の玉のれんです。
普段は素朴な「のれん」として!災害時は「非常食」に早変わり!?。
さてドングリは何個つかったでしょうか?・・・ぴったり千個です。
「手触りか気持ちイー」って子供達にも好評です。
でも、ちょっぴり重たそうですね。

fujita1217-7.JPG  
(自然のしくみワンポイント)
↑は前回載せましたが、ハナアブの仲間の「ホソヒメヒラタアブ」です。刺したり噛んだりの、身を守る武器を何も持っていません。
でも、こんな小さな弱い虫達の生きる残る工夫って知っていますか?
それはですね、お尻の黄と黒の縞模様が何かに似てませんか。
そう、毒針を持っている「蜂」に体を似せているんですね。
襲われそうになった時に、「俺は毒針をもつ蜂なんだかんなー!俺を襲うと後悔するぞー」って。これも一つの擬態ですね。
ちなみに、ハエ・アブの仲間は羽が2枚で、蜂の仲間は羽が4枚です。






posted by 依田司 at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

感じる心、元気ですか?11

ぷーです。

fujita12171.JPG fujita12173.JPG
今日は、「茂原自然大好きクラブ」主催の自然観察会で、茂原に注ぐ川の源流を訪ね、千葉と茂原の境界付近の森の中や里山を歩きました。
この辺りは藁葺き屋根の家が健在なんですねー、できるだけ長く残っていてほしいものです。
みんな、下ばかり見てなんの宝物をさがしているんでしょうね?
fujita1217-5.JPG fujita12174.JPG
左は、巨木の根っこが丸出しです。よく立ってられますねー、自然の生命力ってスゴイ。
・・・でもなにか木が訴えてるみたいに感じるのは僕だけでしょうか。
人間の便利さ(横の小道)と、自然との共存について考えてしまいます。

右はわかりますか?「渓谷の宝石」ともいわれている「かわせみ」です。
すずめ位の大きさで、コバルトブルーのとてもキレイな鳥です。
ぷーさんの好きな鳥NO1です。これが観れただけで、もう今日は大満足!
環境への順応性が高いようで、最近では多少水質の悪い小川とか、海岸でも観れます。皆さんの近くの、幕張の旧市街あたりではどうでしょう?。
fujita12172.JPG fujita1217-7.JPG 



posted by 依田司 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

感じる心、元気ですか?10

fujita1215.JPG
ぷーです。
前から欲しくて、今日とうとう買っちゃいました、電動ドリル!。
ネイチャークラフトの穴あけに便利だなーって。
え?「ネイチャーなのに、そんな機械に頼っていいの?」って?・・・ごめんなさい。
今作りたいのが、ドングリの「のれん」なんです。これって何百個ものドングリに穴を開けて糸を通すんです。キリだと大変で・・・許してください。
完成したら、このコーナーで発表しますね。
fujita1214.JPG
話題は変わって、サラリーマンぷーの職場です。
さりげなくドングリトトロ達がケヤキの葉っぱに乗って鎮座してます。
「仕事なんかいいから外で遊ぼうよー」って誘ってるみたいですね!。



posted by 依田司 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

感じる心、元気ですか?9

ぷーさんです。
今日は、東京の新宿の「新宿御苑」に行ってきました。
とても広くて綺麗に整備されている都会的な公園です。
でもそんな大都会のど真中ですけど、いかがですか!この紅葉!
たぶん今週が紅葉の最盛期ではないでしょうか。
fujita12101.JPG fujita12102.JPG fujita12103.JPG

なぜ、新宿御苑に来たかというと、毎月1回定期的に開催している「ネイチュアフィーリングをすすめる会」という自然観察会に一参加者として参加するためです。

この自然観察会の特徴は、講師,ガイドがいないということです。
樹木草花の名前を覚えたりの知識習得ではなく、各人が自分のペースでゆっくりと、5感で自然を感じる観察会なんです。

プログラムもテーマも毎回ありません。観察ルートも特段決めてなく、スタッフも一般参加者も、なんとなくのんびりと足の向くまま気の向くまま。

耳や目の不自由な方も多く参加されています。
障害者の方からは、自然を感じ感動する心や、その他人間としても、自分自身についていつもいろんな事を気付かされます。
そして、最近の僕は好きでやっているとはいえ、毎週末の自然関係のイベントで、少しづつ自分へのプレッシャーと疲れを感じていました。
この会はそんな僕を「自然観察の原点」に呼び戻してくれています。今回も遠距離ですが、とても心地よい家路でした。

なお、右の写真Kさんは、目が不自由でいらっしゃいますが、わざとおどけて写っていただきました。
いつもセンスの良いジョークと気配りで、周りを常に和やかにしていただき、とても素晴らしい方です。
Kさんの様に歳を重ねていけたらなーっと、密かに将来の理想にしています。
その他の皆さんも、明るくて心穏やかで優しい方ばかりです。

次回以降の予定は 1月21日と2月25日で当日飛び入りOKです。
fujita12104.JPG fujita12105.JPG fujita12106.JPG

posted by 依田司 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。