2008年11月09日

六本木ヒルズのクリスマスイルミネーション

20081008-1.jpg 20081008-2.jpg
ヨーダです。
今年は紅葉もまともに見ていませんが、
すでにクリスマスイルミネーションが街を彩るようになってしまいました。
テレビ朝日周辺もご覧の通り。
これはケヤキ坂通りのイルミネーション。
ケヤキはほうきを逆さにしたような樹形ですから見栄えがいいんですよね。
でも今年はエコだからか?木の上のほうには電飾がつけられていないようです。
にしても綺麗です!!


posted by 依田司 at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

富士山の傘雲

20081028.JPG

ヨーダです。
社会人1年生の のぶくんが写真を送ってくれました。
以下、全文です(笑)

----------------------------------------------------------

先日、社内の休憩室から傘雲が見えたので
写真を添付いたします。実は毎朝富士山を見ながら出勤していたようです
身近すぎて知りませんでした。

電線が多いですけど目の保養になればいいかな、と。
カメラは○○○○用のものなのでコソコソ撮りました。

-------------------------------------------------------------

※○○○○はヨーダの判断で加工しました(笑)
posted by 依田司 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

ぷーさんアイスタイム(笑)

20080922.JPG

ヨーダです。

プーさんが恐山にある合掌零場アイスでヨモギアイスを食べている写真です。
休日満喫中でいいでしょ〜えへへっ・・・て声が聞こえてきそうです。
なんかずる賢い顔に見えませんか!?(笑)
posted by 依田司 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

BAG富士山登山プロジェクト(エピソード3:山頂編)

ヨーダです。いよいよ最終の山頂編です。

fuji3-1-1.jpg fuji3-1-2.jpg
さて朝食を済ませ、荷物をまとめたら出発です。
時間は朝6時前。
山頂を見上げるとご覧の通りの快晴!
きのうの荒天がウソのよう!やっぱ気持ちいいっす。この青空と空気。
よーーく目を凝らすと・・・
山道に沿って登山客の大渋滞が見えます!
実は山頂で御来光を拝もうというツアー客の大渋滞がまだ続いているんです。
朝7時ごろには解消されるらしいので、それを見込んでの出発です。

fuji3-2-1.jpg fuji3-2-2.jpg

まずは7合目の大陽館(2920m)から本7合目の見晴館(3140m)まで標高220m登らなくてはなりません。
何度か休憩を取りますが、景色が単調なため登っても登っても進んだ感じがありません。
あと5分。たしかに息が切れる!

fuji3-3-1.jpg fuji3-3-2.jpg
和田さんは、最後の休憩をしないで一気に新七合目まで登りつめたのでした。
我々を笑顔で出迎えてくれています。
見上げているためか、なぜか仙人のように見えました(笑)。
ヨーダさん、ハイポーズ。
美味しいところいただきました(笑)

fuji3-4-1.jpg fuji3-4-2.jpg
売店では500mlのペットボトルが一本500円で売っています。
高いか安いかはあなた次第(笑)
僕は水を2.5リットル持ってきたので、お世話にはなりませんでした。
3000mを超える高地にもかかわらず、高山植物が可憐に花を咲かせています。

fuji3-5-1.jpg fuji3-5-2.jpg
次は本八合目の江戸屋(3350m)をめざします。210m登る計算です。
このころから、明らかに人が増えてきました。
どうやら河口湖口(吉田口)登山道と合流したようです。
ツアー客がメインなのでしょうか。運動靴の人、ジーンズの人もいて驚きました。
みなさん、きのうの荒天に巻き込まれていたら悲惨な目にあっていたと思いますよ。

fuji3-6-1.jpg fuji3-6-2.jpg
そんな時、我々の数十m先で男性が大きく転倒。
このあたりは細かな砂利状になっていてかなり滑りやすいところです。
近づけばカップルがうずくまっています。腕が血だらけ・・・
みなが横目で通り過ぎていく中、すかさず、はるくんがレスキューに向かいます。
流石です!!
応急処置を済ませ、笑顔で去っていきました。
マレーシア(確か)から来た二人だそうです。
「フジヤマ、サイコウ!」と言ったとか言わないとか。

fuji3-7-1.jpg fuji3-7-2.jpg
ここで本格的な休憩です。
ゆか姉とかおりんは元気元気。終始元気でした、この二人(笑)
まだ、おどける元気のあるのぶくん。
その後ろのおおがっちは言葉少な。後で聞けば高山病一歩手前の状況だったよう。おーーい(汗)

fuji3-8-1.jpg
寝不足で来たまきさんは、
山小屋でしっかり睡眠が取れたそうで、この日は復活!





fuji3-9-1.jpg fuji3-9-2.jpg
やえさんは、いつもニコニコ顔。
あれ、足元も見ると・・
え?!コンビニ袋が見えますが・・
どうやら靴が乾かなかったので、靴下の上にコンビニ袋を履いてから靴を履いたそう。
これで登ってきたなんて、お、恐るべし、やえさん(笑)

fuji3-10-1.jpg fuji3-10-2.jpg
山頂までもう一息。皆笑顔!

fuji3-11-1.jpg fuji3-11-2.jpg
山頂手前の鳥居でパチリ。
その後、やったー!山頂に到着です。
みんなから安堵の表情が(笑)
太陽に近いので紫外線も強烈!メイさん完全防備です!!
おぐちゃんとかおりんもつられてピース(笑)

fuji3-12-1.jpg fuji3-12-2.jpg
山頂で記念写真。
みんな無事に登りつめられてよかった!
最年長和田さんと最年少かおりん。年齢差50歳なり!

fuji3-13-1.JPG fuji3-13-2.jpg
さて、我々の旅はこれで終わりではありません。
来たからには頂上(3776m)を目指さねば!
これから山頂部分を一周するお鉢めぐりに出発です。
唯一、異を唱えていたメイさんも多数決で渋々のご参加(笑)
まきさんの奥に見えるのが頂上にある富士山測候所。

fuji3-14-2.jpg
一周1時間半ぐらいかかりますから結構な道のり。
頂上までもう少し!
ぷーさんも、少しほっとした面持ち。




fuji3-15-1.jpg fuji3-15-2.jpg
しかし、最後がめちゃキツイ。
剣が峰(頂上)への最後の難所が馬の背。
砂礫(されき)の急斜面は滑りやすく登りにくいです。
しかも体力も限界間近。
河口付近がうっすら白く見えているのは、きのう降った雹。
これが麓から白く見えて、今年の初冠雪となりました。
しかも観測史上最も早い初冠雪です。
ヒョンなことから歴史に立ち会ってしまいました(笑)

fuji3-16-1.jpg fuji3-16-2.jpg
登りきると、そこには富士山測候所が。
2001年にレーダーが撤去されてしまってなんだか寂しい感じ。
今は無人の測候所です。

fuji3-17-1.jpg
そして、みんなで「日本のてっぺん」に立ちました。
みんな、達成感で満たされた笑顔!!
おつかれー。




fuji3-18-1.jpg fuji3-18-2.jpg
でも、登った分、降らないと・・・
降りに向けて体力回復中。寝てる人も(笑)

fuji3-19-1.jpg fuji3-19-2.jpg
登りの3倍ぐらいのペースでスイスイ降っていきます。
細かい砂礫が靴の中に入らないように
富士山ではハイカットの靴にスパッツが基本!

fuji3-20-1.jpg fuji3-20-2.jpg
のぶくんオチャらけてますが、実は足がもう限界。
ペースが上がりません。
まきさんも爪が行ってしまったそう。あいたた。

fuji3-21-2.jpg fuji3-21-1.jpg
雲の中を突き進むー。


ムービー提供は、おおがっち
毎度!

fuji3-22-1.JPG fuji3-22-2.jpg
降ること3時間。ようやく霧につつまれた新5合目に到着。
みんなヘロヘロですが、達成感で疲れもさほど感じていないのでは。
最後は御殿場駅に程近い銭湯で汗を流しました。
みんな、翌日から経験したことの無い筋肉痛に見舞われるのでした(笑)


今回、
本当に富士山に登ってよかったとしみじみ感じています。
言葉では言い表せない達成感。満足感。
そしてなにより、
素晴らしい仲間と辛いことや楽しいことを共有できたことが
自分の一生の財産になりました。
心より、ありがとうといいたいです。

そして、
みんなの感想を載せて富士山プロジェクトの報告を終了します。

プーさん
富士登山を無事終わることができたのは、
皆さんお一人お一人が笑顔の中で、助け合い、協力しあった結果でした。

はるくん
大変おつかれさまでした。
大きな怪我もなく、全員で無事に3776メートルを極めることができ何よりでした。

やえさん
富士登山は想像よりも大変なものでした。
でも、みなさんが支えてくださったからこそ、登頂の感動を味わうことができたと、本当に心から感謝しています。

おぐちゃん
飛び入り参加させていただきましたが、皆さんに暖かく受け入れて頂き、そして支えて頂けたから最後まで登りきることが出来ました。
大きな達成感と貴重な体験を皆さんと分かち合えたことがとても嬉しく、また幸せに思います。

のぶくん
個人的には二回目の富士登山でもコースが違うなら「二回目」とは言わないんじゃないか、それくらい違う感想を持たせていただきました。

わださん
よーださん、ぷーさん、はるさん、プランとガイド、ありがとうございました。
同行のみなさん、素晴しい富士登山、ありがとうございました。

ゆかねえ、かおりん姉妹
私たち2人だったらきっと途中で挫折していたと思いますが、みなさんの足手まといになるまいという一心でなんとか登頂することができました。
最初から最後まで、気にかけてもらい助けてもらってばかりで本当にありがとうございましたという気持ちでいっぱいです。
一生忘れられない思い出になりました。

まきさん
落雷、降雹の中での登山はとても怖かったけど、絶対に忘れられないとても印象に残る登山になったことは間違いないです。
そして、皆さんに気を遣っていただいたお陰で、山頂まで無事に辿りつけたと、とても感謝しております。

おおがっち
お陰様で、一生登らないと思っていた日本最高地点に楽しく登ることができました。
2日目の(高山病で)頭痛の時には、ぼけ〜っとしたひどい顔をしていますね、私。

たがわっち
3776Mの山頂に立った時の喜びってあんなにすごいんですね。
淡々と登ったつもりですが、あんなに小さなただの石碑なのに、妙に感慨深かったです。

メイさん
素敵なメンバーと富士登山の苦楽を共にできたことを改めて幸せに思います。
つらいことはできたら避けたいという年令(性格?)にきているので、この機会がなければ富士山に登ることもなかったかもしれません。
皆さんに助けていただいて登ることができたと本当に感謝しています。

来年に続く・・・
(ん?)

posted by 依田司 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

BAG富士山登山プロジェクト(エピソード2:山小屋編)

fuji2-1-2.jpg
ヨーダです。
土砂降りの雨の中を抜けようやくたどり着いた山小屋。
今回は7合目にある「大陽館」さんにお世話になりました。
山小屋というと、狭くて汚くて対応が悪くて・・・との前評判だったので覚悟していたのですが、実際は想像と違いました。
意外に小奇麗で寝室は廊下を挟んで左右に蜂の巣上に3階まであって個室風になっています。

fuji2-2-1.jpg fuji2-2-2.jpg
我々13人は、4部屋(1部屋定員4名)振り分けてもらいました。
まずは、荷物の整理と濡れた服の着替えから。電気が無いので皆ライト片手に奮闘中。

fuji2-3-1.jpg
はるくんは、ほっとしたのか部屋に入るなり爆睡(笑)
のぶくんが相変わらずおどけています。

fuji2-4-1.jpg fuji2-4-2.jpg
fuji2-4-3.jpg fuji2-4-4.jpg
小1時間もすると雨は上がり、
眼下には山中湖をはじめ広大な風景が広がっているのでした。
生き返ったなーと思えた瞬間。気持ちイィーと叫びたくなります。
とりあえず全員集合でパチリ。寒そう!

fuji2-5-1.JPG fuji2-5-2.jpg
fuji2-5-3.jpg fuji2-5-4.jpg
卵スープつくりに真剣なぷーさん。
勝手に外のロープに物を干す我々一行・・おいおい(汗)
のぶくんは左右非対称のサンダルを履いて出てきて皆にいじられています。
でも嬉しそう。この男Mと見た(笑)

fuji2-6-1.jpg fuji2-6-2.jpg
fuji2-6-3.jpg fuji2-6-4.jpg
そして、早くも夕食です。
大陽館は富士山の山小屋の中で最も豪華な食事を出すことで有名。
メインは、名物けんちん汁。お代わり自由です。
付け合せにハンバーグなどが出てきます(笑)
それにしても、皆よく食べるな〜。

fuji2-7-1.jpg fuji2-7-2.jpg
食後は、メイさんが、おぐちゃんっとやえさんにマッサージさせているようです!?
年功序列か・・見てはいけないものを見てしまった一瞬です(笑)

fuji2-8-1.jpg fuji2-8-2.jpg
日が暮れるとさらに雲がなくなります。
でもまだ巻層雲が広がって満天の星空は見られません。
そのかわり下界に広がる町の明かりが星屑を散りばめたようでした。
そして、ささやかな宴会が始まりました。
熱燗に嬉しそうなやえさんとおぐちゃん。
はるくんもご満悦。たがわっちとのぶくん何か食べてます。

fuji2-9-1.jpg fuji2-9-2.jpg
fuji2-9-3.jpg fuji2-9-4.jpg
気温は10℃を割っています。
お湯の入った鍋で、あったか顔選手権!
だれが一番いい顔してますか?(笑)

fuji2-10-1.jpg fuji2-10-2.jpg
fuji2-10-4.JPG fuji2-10-5.jpg
皆、どれぐらい寝られたでしょうか・・
目が覚めると東の空がほのかにオレンジ色に色づきます。
ご来光です。
我々は頂上の混雑をさけて、山小屋からご来光見物となりました。
なんとも幻想的で厳かな気分にさせられます。
みんな嬉しそう。
その後、メイさんとおぐちゃんは、歯磨きタイム♪


ムービーは、おおがっち提供。

さて、朝ごはんを食べたら
いよいよ山頂に向かって出発です!

続きはエピソード3:山頂編へ
posted by 依田司 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

BAG富士山登山プロジェクト(エピソード1:山小屋まで)

ヨーダです。
話の始まりは、今年の新年会での席・・・
私が「今年は富士山に登ろうか」とぼそりと喋ったのが発端となりました。
メイさんなどは、またトンでもないことを言い出してこの人は・・という顔をしていましたが、その場で満場一致となりました(笑)

こうしてBAGの日本一制覇プロジェクトが動き出したのでした!

そして、皇太子様が20年かけて富士山頂に到達した翌日の8月9日(土)から10日(日)にかけて、富士登山が実現したのです。

fuji1-1.jpg fuji1-2.jpg fuji1-3.jpg fuji1-4.jpg

リーダーはご存知ぷーさん、
リサーチから完璧にコーディネートしてくれました。
我々はツアー客でごった返す河口湖口を避けて自然を堪能できる須走口からの登山です。
スタート地点の新5合目の標高が2000mと他に比べて低いのが難点。
参加13人中、富士山経験者は、プーさん、はるくん、のぶくんの3人だけ。
メイさん、のぶくん、おぐちゃんで登山の無事を祈っています。
大丈夫かな〜、などと思いつつ登山道を登っていきます。


fuji2-1.jpg fuji2-2.jpg fuji2-3.jpg fuji2-4.jpg

はじめのうちは森林帯を進む道で変化に富んで楽しく意気揚々と登れます。
でも、すでに2000mを超える標高。酸素が薄く少し動くと息苦しくなります。
歩きはじめて40分ほどで1回目の休憩。
少し開けて風景の綺麗な場所でした。

fuji3-1.jpg fuji3-2.jpg fuji3-3.jpg fuji3-4.jpg 

6合目までが長い・・・
早くも2回目の休憩。みんなで酸素補給です。
ゆかねえ嬉しそうに酸素吸ってます(笑)
まきさんは神妙な顔。
それもそのはず、気分がハイになってほとんど不眠で来たとか・・おいおい(汗)
女子チームの左からやえさん、おぐちゃん、メイさん。
男子チームは左からたがわっち、おおがっちの先生コンビに、男子最年少ののぶくん。
まあ、ここまでは順風満帆だったんですけどね・・・

fuji4-1.jpg fuji4-2.jpg fuji4-3.jpg fuji4-4.jpg

ようやくたどり着いた6合目!
やっぱり節目節目は小さな感動があります。
ほっと一息。カメラを向けるとピースする最年少かおりんとゆか姉・・しかし目線ははる君の差し出すキャンディーに・・(笑)
最年長の和田さんもは水分補給!実は一番元気で皆を常にリードしてくれました。感謝!!
はしゃぐのぶくんに、苦笑いのおおがっち。このふたりもこの日は元気でした(冷汗)
このころから雨がしっかり降り出していて、皆合羽を着込む羽目に。
そして、この後、想像を絶する恐怖に直面することになります。

fuji5-1.jpg 

10分も歩くと雷鳴が随分聞こえてくるようになり、雨も次第に本降りに!
歩くごとに状況は悪化し、土砂降りの雨に雹が混じるようになりました。
「ピカ」から「ゴロゴロ」まで7秒前後ですから我々から2〜3キロ離れたところに雷雲がある計算です。
ちょうど6合目と7合目の中間付近でもあり、戻るに戻れない状況。
そんな中、我々の周辺にも一発雷が落ちました。
我々の背丈の1・5倍ほどの低い森林帯を進んでいましたが危険であったことに変わりありません。
登山道は川のようになり、雹がバシバシ体に当たって痛いし、雷が怖いし、生きた心地がしませんでした。

※ムービー提供はおおがっち。
一番手前の青い雨合羽が私です。ひと際腰を落としへっぴり腰で進んでいます。皆よりとにかく低い姿勢で生き残りを企てていました(苦笑)

fuji6-1.jpg fuji6-2.jpg fuji6-3.jpg fuji6-4.jpg

森林限界を超えると身を隠せる場所がなくなります。ただその頃には雷鳴が遠ざかり、空も明るくなって雨や雹が小降りになったので、一気に宿泊地でもある7合目を目指すのでした。
途中、ピースをする余裕のあるおぐっちと無表情で登るメイさん(笑)
7合目の宿泊地でもある大陽館に着いた時、言うまでもなく皆の顔には安堵の表情があふれていました。

後から知った話ですが、この日の大雷雨の時、同じ富士山の別の場所では落雷に打たれて死亡事故が起きていました。
我々も注意を払いつつ雷雨の中を進んだつもりですが、危険な状況であったことに間違いはありません。
以下、3人のリーダーのコメントです。

ぷーさん
(リーダー:森林インストラクター)
雷雨の中で山小屋に向かった行動は、はたして適正であったか、雷雨が去るまで灌木の中で待機すべきであったか、リーダーとして反省と、今後への反映事項として深く考えております。

はるくん
(サブリーダー:気象予報士)
落雷と降ひょうはある程度、予測していたにも関わらず、登山開始前にもう少し情報を集めておくべくだったと多少の反省が残ります。

メイさん
(サブリーダー:森林インストラクター)
幸いにして事故を免れたと謙虚な姿勢で今後に繋げていくことが大切だと思います。


それにしても僕の写真が一枚も無いんですが・・・どういうこと(泣)


エピソード2:山小屋編につづく
posted by 依田司 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

暑中お見舞い申し上げます

20080806.JPG

ヨーダです。
皆様、暑さに負けず夏を満喫していますか?

いよいよBAGの富士山登山が今週末に迫ってまいりました。
老若男女、総勢14人のパーティーです。
どんなドラマが待っているのか・・ワクワク、ドキドキです。

BAGスタッフによる富士山登山の様子は当ブログで報告しますので、お楽しみに!!
posted by 依田司 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

富士山登山決起集会

20080714-1.JPG 20080714-2.JPG
ヨーダです。
今年のBAGは富士山に登ります!
日本一を目指しちゃいます!!

その決起集会が7月12日(土)
新丸の内ビルなどというおしゃれな場所で開催されました。

事前配布のプーさん作成の資料にしっかり目を通しておらず
皆さんからブーイングとバッシングをうけましたが
いえいえ、追い込み型ですのでご安心ください(笑)

決起集会に参加いただいた
和田さん、野村さん、大賀さん、おぐちゃん、のぶくん、
吉村さん、小山内さん、木下さん、
そして、メイさん、ぷーさん
ありがとうございました。

事故無く、楽しく富士山を制覇しましょう!

ちなみに、
BAGの富士山登山の前週には
BAGスタッフの波木さん(打瀬社体会長)と
ウッチー&あやぱん夫妻も富士山を目指そうそうです。
皆さん頑張れ!!
posted by 依田司 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

花見川サイクリング

20080623-1.JPG 20080623-2.JPG
ヨーダです。
先週末、梅雨の晴れ間に家族で花見川のサイクリングコースを散策して来ました。
途中、アジサイが綺麗でしたよ!
下流から自転車で15分も走ると深い緑に包まれます。
なんだかホッと出来る瞬間でした。
20080623-3.JPG
帰りは三段重ねのアイスクリームに初挑戦!
最後は鳥肌をこらえながら完食しました!!
posted by 依田司 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

マテバシイ満開

20080614-1.JPG 20080614-2.JPG

ヨーダです。
幕張海浜公園でマテバシイが花の盛りを迎えています。
薄緑色で地味な花なので遠くから見ると見逃しがちですが近くで見るとごらんの通り。
どんぐりの赤ちゃんもかわいいですねェ。
是非ごらんあれ!
posted by 依田司 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

水の不思議を感じよう

080525-1.JPG 080525-2.JPG

080525-3.JPGヨーダです。
週末はお台場のパナソニックセンターで行われた、学習院女子大学・品川教授の「水の不思議を感じよう」に参加してきました。
主に表面張力を題材にした実験やゲームで楽しいひと時を過ごしました。

同センターでは環境やECOに関する様々なワークショップを開催しています。
ご家族で参加されると充実した一日になりそうですよ。
posted by 依田司 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

春の息吹を求めて3

ヨーダです。
いよいよ三部作の大ラス。
昭和の森は意外に起伏があるんです。
そして、所々地層も見られます。
20080419-1.jpg 20080419-2.jpg
展望台から北に進み森の小道を進むとありました。
何層にも綺麗な地層があって、その一部に二枚貝の化石が・・・
貝塚にでもなっていたのかな・・
その層をよく見ると砂の層になっています。
つまりはるか昔この一面は海だったということになります。
なんだかロマンを感じますよね〜。

20080419-3.jpg 20080419-4.jpg
下夕田池に向かう下り坂。
こちらは粘土質というか岩のように硬い地層を見られます。
今月は雨が多いせいかコケがびっしり生えていて木漏れ日を受けて綺麗に輝いていました。

みなさんも是非、昭和の森を散策してみてくださいね。
posted by 依田司 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

春の息吹を求めて2

ヨーダです。
いよいよ葉っぱの赤ちゃん!若葉編。
緑が眩しいなぁ。
20080418-1.jpg 20080418-2.jpg
左上はご存知「ソメイヨシノ」。右は「コブシ」かな?!

20080418-3.jpg 20080418-4.jpg
左上は街路樹としても活躍している「ケヤキ」。
右上は「クヌギ」。

20080418-5.jpg 20080418-6.jpg
左上は千葉の森や林でよく見かける「イヌシデ」。
右上は・・なんでしょう(汗)

20080418-7.jpg 20080418-8.jpg
左上は「ユリノキ」好きは樹木のひとつです。かわゆす(笑)
右上は赤いけど葉っぱの赤ちゃん。赤くすることで強い紫外線から身を守っているらしいです。
posted by 依田司 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

春の息吹を求めて

ヨーダです。
水曜日は休みだったので昭和の森(千葉市)を散策してきました。
この日は薄雲が広がっていたものの暖かくて散策には絶好の天気でした。
20080417-1.jpg 20080417-2.jpg
お目当ては新緑を求めて。
なかでも「若葉」。沢山の葉っぱの赤ちゃんに出会えました。
そして、ソメイヨシノは散りましたが、まだまだ花の季節。
色とりどりの花が咲いていました。
写真を沢山撮ったので、きょうは花のご紹介。
20080417-3.jpg 20080417-4.jpg
右上は「オオデマリ」。
梅雨の季節が近づくと、緑から真っ白に染まります。

20080417-5.jpg 20080417-6.jpg
右上は「ヤエヤマブキ」。好きな花です。

20080417-7.jpg 20080417-8.jpg
左上は「タチツボスミレ」。
この季節になると紫色のじゅうたんのように鮮やか。
右上は「カントウタンポポ」。
都会などでは外来種の「セイヨウタンポポ」に肩身の狭い思いをしていますが、しっかり群集で咲き誇っていました。
ちなみに「セイヨウタンポポ」は一年中いつでも花を咲かせますが、この「カントウタンポポ」は春に花を咲かせます。このため、気象庁では「ソメイヨシノ」と同じように、毎年の開花日を観測して気候の統計に役立てているんです。

posted by 依田司 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

毛利庭園桜見ごろ

20080326.JPG


ヨーダです。
テレビ朝日の正面に広がる毛利庭園の一番大きな桜がほぼ見ごろになりました。

一年に一度の国民的イベント「花見」
皆さんはどこに花見に行きますか!?
posted by 依田司 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

BAG新年会

20080317-1.JPG 20080317-2.JPG
よーだです。
ぷーさんの帰省に合わせて今年の打ち合わせをと考えていたのですが、急遽決まったとはいえ随分集まりました!
結果、遅れに遅れていたBAGの新年会の様相に!

といいますか、
その主役のぷーさんは青森で仕事が入ったとかで前夜に欠席の連絡が・・・
メイさんの怒りを買ったのでした(ぶるぶる)
参加できなかった皆さんも次回はお待ちしていますねー。

今年のBAGの年間計画(企画)は、このブログ、ならびにBAGのHPで発表&募集を行いマース。
目玉の一つは、富士山登山!家族みんなで参加してくださいね!!
posted by 依田司 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

花粉の季節

20080225-1.JPG 20080225-2.JPG

ヨーダです。
関東では23日(土)に春一番が吹きました。いよいよ春がやってきます。

そして・・・花粉も!

テレビ朝日の屋上では実際に花粉の観測を行っているのです。

意外に簡単なシステムでしょ(汗)
上端には二枚の円盤にはさまれて板ガラスがセットされています。
1cm四方の方眼があって花粉を補足する薬剤が塗ってあります。
毎朝この1cm四方にいくつ花粉があるかを顕微鏡で数えて発表するわけです。

ピーク時には1000個以上の花粉が捕捉されるのですが
数えるほうは発狂寸前になります(笑)
posted by 依田司 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

一足先に春ですぞ〜2

20080210-1.JPG 20080210-2.JPG

今年に入って雪続きで大忙しのヨーダです(泣)
週末、預かっているトイプードルと海浜公園を散歩していると木々の向こうに華やかな色合いが見えました。
近づいてみると紅白の梅が見ごろとばかりに咲いているじゃありませんか!
いやー、ちょっとしたサプライズに得した気分になりました。
寒い寒いといっても季節はちゃんと春に向かってるんですね〜。
posted by 依田司 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

大雪だ!

20080203-1.JPG

よーだです。
2月3日の節分は関東で大雪となりました。
ベイタウン大騒ぎです(笑)
あっちこっちに雪だるまが出現!!
まるで雪だるまの品評会のようでした(笑)
20080203-2.JPG 20080203-3.JPG
posted by 依田司 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

謹賀新年

20080107.JPG


ヨーダです。
新しい1年が始まりました。
BAGともども何卒よろしくお願いいたします。

※町で見つけた七福神です。縁起がいいでしょ。全部竹で出来ています。こんなのが作れたらどんなに楽しいでしょうね(笑
posted by 依田司 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。