2006年10月17日

カナダで大自然を満喫♪

yooda_canada1.jpgyooda_canada2.jpgyooda_canada3.jpg
 ヨーダです。
 今年は夏休みを利用して9月16日〜24日までカナダに行ってきました。トロントから世界遺産の街ケベックまで、完全な個人旅行だったのでレンタカーでの気ままな旅です。走った距離は1300km!首都のオタワを過ぎるとフランス語圏ですから標識も意味不明(汗。何度となく道を間違えましたが、ハイウェーは無料なため乗り降り自由なので助かりました。【続きは、「続きを読む」をクリック!!】yooda_canada4.jpgyooda_canada5.JPGyooda_canada6.JPG
 旅の一番の目的はカナダの大自然を肌で感じること。そのお手伝いをしてくれたのが現地で働く日本人インタープリターです(写真左)。僕の訪れた「アルゴンキン州立公園」http://www.algonquinpark.on.ca/index.htmlは総面積が東京都の3倍以上もある自然保護区。車の乗り入れは南部のわずかな距離を東西に横切るルート60だけ。徹底した保護ぶりです。公園内には、カナダを代表する野生動物「ブラックベア」「ムース」「ウルフ」http://www.sbaa.ca/などが生息し、ビーバーや猛禽類はそこいらで見られます。また、次いで訪れたローレンシャン(空気が澄んでいて結核患者の静養地とされていた)とともに世界一早い紅葉の名所としても知られています。僕の訪れた時は7割が紅葉していましたが、カナダの国旗で知られる「シュガーメイプル」や「レッドメイプル」の紅色と針葉樹の緑がモザイク状に入り組んでいて見事でした。日本との違いはスケール。見渡す限りの山々が紅葉で真っ赤に色ずくさまは絶景でした。
 写真左のインタープリター松下さんには、わざわざお休みを取って頂いて、観光客の知らないようなトレイルや湖を案内してもらいました。彼女は単身カナダに乗り込んでアルゴンキン州立公園に雇われています。紅葉の季節には観光バスで訪れる日本人をガイドするといいますが、普段は現地人を自然に案内しているのです。その度胸には本当に敬服です。松下さんは言います。「カナダで働きたいって若い人たちが沢山いるんです。自分が実績を作って、そんな人たちのためのパイオニアになれれば。」と。自分のためよりも人のためになんて中々言えませんよね。大自然と松下さんに会えて心身ともに綺麗に浄化された気がしました。さぁて、今度はカナディアンロッキーに行きたいぞ!!


posted by 依田司 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(1) | ヨーダさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
依田さん、私も昨年ゴールデンウィークにカナダのトロントに行きました!

春だったので紅葉は見れませんでしたが、ナイアガラの滝は楽しめました☆本当に自然の偉大さにはビックリします。
Posted by kiwi at 2007年02月13日 22:28
Kiwiさん、こちらでははじめまして。
ブログ見ましたよ。色々なところを旅行されているんですね。羨ましいです。僕なんかよりよっぽど事情通、情報通なんじゃないですか?!いやだなぁ(笑
北半球一周の旅、是非レポートしてくださいね。
ではでは。
Posted by ヨーダ at 2007年02月14日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

カナダ旅行PART1
Excerpt: カナダ旅行PART1。今回の旅のメインと言っても過言ではない”ナイアガラの滝”観光。 ナイアガラの滝は、世界3大瀑布の1つで世界最大の水量を誇ります。あと2つわかる人??答えは自分で調べてください(..
Weblog: Travelholic 旅行大好き
Tracked: 2007-02-13 22:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。