2008年09月27日

青森通信(おぐちゃんがきた最終日白神編)

ぷーです。
最終日の白神山地は雨模様の中で、面倒臭くて全く写真を撮っていなかったのですが、無精なぷーと違ってまめに撮っていたおぐちゃんから素敵な写真が届きましたのでご紹介します。
fujita092700.JPG
その土地の自然に触れると同じく、その土地の文化に親しむ事も大切ですね。
地元の津軽三味線は、一般的イメージの激しいエネルギッシュなものでなく、しんみりとした民謡調で心に静かに浸みるものでした。
fujita092701.JPG
白神のブナの原生林です。
聴診器でブナの鼓動を聞いています。
さて、どんな生命が聞こえているのか。
fujita092702.JPG fujita092710.JPG
6月にメイさんが来てくれた時は、歩道の崩落で最奥の滝までいけませんでしたが、今回は運良く最奥の暗門第3の滝まで行くことができました。
メイさんの残したコメントのように、僕もこの白神の滝のマイナスイオンと壮厳さに触れ、しばらくは清く正しく生きていけそうです。
fujita092704.JPG
写真は、おぐちゃんが熱い想いで撮ったトチの巨木の根っこ付近です。
実は今回の山旅で知ったことなのですが、
おぐちゃんは、木の根に熱い熱い想いをもっているのです。
木の根には生命のエネルギーを感じて大好きなのだそうです。
なんとなく、おぐちゃんらしい感性ですね。

以下は、おぐちゃん談です。

最後の写真は、私の好きな根っこの写真です(#^-^#)
ですけどこの写真、私が何に感動したか知らない人がみたら、
何を撮ろうとしたのか自体、あまりよく分からない写真ですよね・・・・。
自分で見ても、ちょっと微妙かなあ・・・・と・・・(汗)
もちろん、好きなんですよ!
私としてはいい写真のつもりですし。
ただ『根っこ』がメインには出てないかなあ・・・?
という感じがしました。(笑)
でも好きなので、送っちゃいました!

だそうです。
よくわかったような、わからないような・・・(笑。
みなさんも遊びにきてくださいね。










posted by 依田司 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。