2008年09月07日

青森通信(ティータイム2)

ぷーです。
ヨーダさんの富士登山最終章を待ってる間の、一服第2段ということで。

fujita9.7.1.JPG
ぷーは、富士山登頂の3日後、また富士の頂上に立っていました。
富士は富士でも通称「利尻富士」といい、
北海道は最北の街の稚内から、船で数時間、利尻島の「利尻岳」です。
fujita9.7.2.JPG fujita9.7.3.JPG
森は「大切な水資源の場、自然のダム」と大切に保全されています。
その1例が、登山者用のトイレでした。
便座の下は、メッシュのネットなんです。
???どうやって用を足すのか解りますか?
携帯トイレ(簡単にいうとビニール袋)を、ネットの上にセットして、
用をたしたら、自分の用便は自分で持ち帰るのです。
その他、ストックの先端はゴムで保護しなくてはいけません。
先端が金属だと登山道を痛めるからです。
そんな保全活動のためでしょう、湧水は甘く素晴らしい味でした。

fujita9.7.4.JPG fujita9.7.5.JPG
さらに船で30分、「花の島」と言われる礼文島です。
険しい山はありません。
海を見下ろす丘陵地をトレッキングすると、沢山の花に出会えます。
写真はヨーロッパアルプスに咲くエーデルワイスの仲間、「礼文ウスユキソウ」です。

素晴らしい仲間とのワイワイ賑やかな富士登山の後の、
そんな静かなぷーの単独行でした。




posted by 依田司 at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大自然ですね。
保護が徹底されていて素晴らしいなと思いました。
今度、どうやって用をたすのか・・いや、やっぱり見たくない(汗)
それにしても、富士山からたった三日後に利尻島の山頂にいたなんて・・・みんな体が動かないほどの筋肉痛だったというのに(苦笑)
Posted by ヨーダ at 2008年09月09日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。