2008年07月08日

青森紀行 〜白神編〜

IMG_9195s-.jpg   IMG_9211s-.jpg
  いよいよ今回の旅のメイン 世界遺産白神山地へ
本州は全国的に雨マークが並ぶ中、何故か青森だけが晴れマーク!よっぽど強力な晴れ男、晴れ女が揃っていたようです。
ブナの原生林の滴るような緑の中を歩いていると本当に身も心も浄化されるような気がします。散策道に沿って歩き 暗門の滝というところまで行きました。世界遺産のマイナスイオンをあびてさらに浄化されてしばらくは清く正しく生きていけそうです。最後に白神の温泉につかって青森の旅を締めくくりました。プーさんのおかげで初めての青森は本当に充実した旅になりました。寒いのは少々苦手ですが今度は冬にも訪ねてみたいです。「お願いだからもう来ないで!」というプーサンの声にならない叫び声が聞こえてきそうな・・・(笑) 



posted by 依田司 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | メイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷーです。
北国の醍醐味は、やっぱり人間を安易に寄せ付けぬ、自然の厳しい冬模様です。
ぜひ、お待ちしています。
また、メイさんが「下北にぴったり」という演歌の世界では、寒い冬、少し理由あり気で素敵な女性は夜行列車で北国へ向かうのです。決して南には向かいません。
そして吹雪舞う岬に一人、吉永小百合のようにたたずむのです。
そうメイさん、これをやりましょう!。
でも、実際には寒くて鼻水ズルズルですが。
Posted by ぷー at 2008年07月09日 22:39
吉永小百合さんはほど遠いので 八代亜紀でいきたいと思います。「つまみはあぶったイカでいい〜♪」 吹雪の音を聞きながら、こたつで熱燗 これでいきましょう!
Posted by メイ at 2008年07月11日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。